医療法人社団 静和会 静和記念病院

  • 文字の大きさ
011-611-1111 〒063-0811 札幌市西区琴似1条5丁目1-1

011-611-1111

病院紹介

病院長挨拶ご利用案内

 

ご挨拶

この度、2022年4月1日付で静和記念病院長に就任いたしました。 
静和記念病院は、これまでに札幌市、特に琴似を中心とした西区の医療に多大なる貢献をしてきた病院で、患者さんからの信頼も厚く地域にしっかりとした基盤を持つ病院の院長に就任するにあたり、その責任を強く感じ身が引き締まる思いです。
これまでの私の経歴は、1985年に北海道大学を卒業後、北海道大学第一外科に入局し、旭川厚生病院、砂川市立病院、札幌社会保険総合病院(現JCHO北辰病院)で外科の修練し、北大での2年の研究生活の後、釧路労災病院外科部長として地域医療に従事いたしました。 
その後、1998年に北大病院に戻り、時の藤堂教授のもと、肝胆膵疾患、肝癌に対する肝切除を中心とした外科治療、肝移植に携わり、診療教授として2500例を超える肝切除を執刀、指導を行ってきました。今後は、これまでの経験を活かし、さらに研鑽を積みながら院長としての重責を担わせていただく所存です。
 現在、コロナ禍を脱し切れていない社会情勢のなかで、医療周辺も非常に厳しい状況ですが、さらに患者さまに信頼される、地域に密着した医療を提供できる病院を目指していきたいと思っております。
ゴールデンウイーク明けの5月11日からは、西区八軒での新病院における診療も始まります。歴史ある静和記念病院の礎のもとに、ポストコロナを見据え、高い適応力をもって、スタッフ一同でチーム医療を実践し先進的な最高の医療を提供することに誠心誠意尽くしていきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2022年4月
静和記念病院 病院長 神山 俊哉

ページ先頭へ戻る