医療法人社団 静和会 静和記念病院

  • 文字の大きさ
011-611-1111 〒063-0811 札幌市西区琴似1条5丁目1-1

011-611-1111

地域包括ケアと訪問診療

地域包括ケア
地域包括ケア

「年を取ったら病気との付き合いに不安はつきもの。その不安を分け合って、
自宅で、ときに病院で、安心して療養できる地域づくりのお手伝い」

当院は患者様の急な困りごとに対応できる病院であるよう心がけております。

例えば

「急に腰が痛くなり動けず、一人暮らしなので日常生活に支障が出ている」
⇒背骨の圧迫骨折はありませんか?当院整形外科では診断に合わせて外来、または入院で適切に治療ができます。介護保険は申請されていますか?介護保険を使ったサービスの調整をご案内することが可能です(ケアマネージャーとの連携)。

「熱や咳が続く、微熱だけれど体がだるくて食欲がない」
⇒肺炎を起こしていないか検査してみましょう。血液検査やCT、MRI、エコー検査は当日に行い結果をお話しすることができます。また必要に応じて入院治療が可能です。

「物忘れがすすんできた、薬をもらっているがきちんと飲めていない」
⇒安心して生活できるよう、環境を整えることをお勧めします。訪問看護の利用など一緒に考えていきましょう。

「以前に脳卒中をおこしたことがある、最近やせがすすんでむせたり転んだりが目立つようになった」
⇒リハビリや介護サービスの利用が安心かもしれません。当院では通所リハビリ訪問リハビリ(※準備中)が可能です。訪問診療を組み合わせることも可能です。

「癌と診断され手術はできないと言われた。今後が不安」
⇒急性期病院の主治医と連携しながら、治療の経過に沿って緩和ケアやサービス調整ができます。自宅での療養を訪問診療で支えることもできます(応相談)。

【入院(転院)から退院支援と退院後のケアまでの流れ】
入院(転院)
⇒治療・リハビリ
⇒排泄・食事・服薬管理、家事などにお手伝いが必要な場合
⇒介護と連携(介護保険利用確認、ケアマネジャーとの連携)
⇒必要に応じ家屋訪問(安心して帰れるかどうか当院スタッ
フと自宅へ外出して生活動線の確認など行います)

退院
⇒通院困難な場合、訪問診療の導入。
リハビリ含め介護サービスの利用開始。

訪問診療
訪問診療

訪問診療について
当院の周辺地域に対して訪問診療を行っています。当院に入院され病状に不安がある方の退院を支えるのが主な役目です。
定期的にご自宅や施設での生活を見守りながらいざというときには入院することができますので安心です。
入院歴のない方もお受けすることが可能ですのでご相談ください。

皮膚科訪問診療について
皮膚科医による訪問診療も対応しております。ご相談ください。

ダウンロードはこちら

このような方はご相談ください

●在宅・施設での訪問診療を希望されている方
●特定疾患やがん末期の患者で自宅療養を希望されている方
●退院後、通院が困難で医学的管理が必要な方
●在宅・施設で褥瘡の専門治療が必要な方

このような方はご相談ください

●胃瘻 ●人工肛門 ●各種ドレーン ●各種カテーテル ●中心静脈栄養 ●在宅酸素 ●在宅人工呼吸器 ●在宅自己注射 ●気管切開 ●神経難病 ●特定疾患 ●寝たきり ●褥瘡 ●認知症 ●がん末期 ●慢性疾患

お問い合わせ
地域医療連携室
011-611-1111(代表)
【相談時間 9:00~16:00】

011-611-1111

地域包括ケアと訪問診療

ページ先頭へ戻る