医療法人社団 静和会 静和記念病院

  • 文字の大きさ
011-611-1111 〒063-0811 札幌市西区琴似1条5丁目1-1

011-611-1111

診療科・部門

診療内容診療内容

リハビリテーション科は、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、介護保険を利用しての短時間型通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションを提供しています。また、地域での障害予防及び健康増進を目的にさまざまな地域医療活動を行っています。

理学療法

関節可動域の拡大、筋力増強、痛みの軽減など、運動機能に直接働きかけることを主とし、起き上がり、立ち上がり、歩行など動作の能力向上を目的に運動療法を行います。

詳しくはこちら

作業療法

日常生活に必要な動作の獲得、社会に適応するための能力の回復を目指します。また退院後の生活をイメージしながら自宅復帰、施設復帰に向けてのプログラムを組み、家屋改修の提案、福祉用具の情報提供を行います。

詳しくはこちら

言語聴覚療法

コミュニケーション障害や摂食に障害のある方の言語、聴覚、摂食、嚥下(えんげ)機能の向上を目的とした治療プログラムを提供します。

詳しくはこちら

通所リハビリテーション

院内で短時間型(1~2時間程度)のリハビリテーションを行っています。介護認定(要支援・要介護)を受けられている方であればご利用いただけます。身体状況や運動機能、ご自宅での生活状況を考慮し、最も適した個別リハビリテーションを提供します。

詳しくはこちら

地域活動

「ロコモティブシンドローム」「転倒」「認知症」の予防を目的とした講演活動、「スポーツ障害」の予防を目的としたメディカルサポートを行っています。

詳しくはこちら

リハビリテーション科の心得リハビリテーション科の心得

  • ①早期からのリハビリテーションを提供します。廃用症候群(筋萎縮、関節拘縮、褥瘡など)を予防しADL(日常生活動作)向上と社会復帰(在宅復帰)を目的にできるだけ早期から積極的なリハビリテーションを提供します。
  • ②個性を重視した目標を立案します。
    医師、看護師、社会福祉士、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが定期的に話し合い患者さんの個性を重視した目標や治療プログラムを立案します。在宅復帰が目標で介護指導、家屋状況のチェックが必要な患者さんは家庭訪問を行います。また、住宅改修及び福祉用具の相談、介護サービスの情報提供も行います。
  • ③患者さんに喜んで頂けるようなリハビリテーションサービスを提供いたします。
    患者さんの声に耳を傾け一人一人に合ったプログラムを提供いたします。また、スタッフ全員が常にプロ意識を持ち研鑽を重ね最高の治療プログラムを創造します。
  • ④地域の方と共に障害予防、健康増進に努めます。
    講演会を通して転倒・認知・ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防をお手伝いさせて頂きます。また、地域のスポーツ活動もサポートします。
  • ⑤外来通所リハビリテーションにて生活をフォローいたします。
    退院された患者さんは、回復状況や環境をチェックしながら生活の質の向上を目的に外来(医療保険)や通所(介護保険)でのリハビリテーションを継続します。

診療時間

平日[午前] 9:00~12:00
[午後] 13:30~17:00
土曜[午前] 9:00~12:00
  • ※[休診日] 日曜日/祝祭日 12/30~1/3

外来診察担当医師予定表

ページ先頭へ戻る