臨床画像検査室

当検査室は、放射線科と臨床検査科を併せた部門であり、診療放射線技師5名、臨床検査技師4名(委託2名)、医療助手1名が在籍しています。

院内の放射線検査、生体検査、検体検査を高度な医療機器を駆使し、患者さまに安心して検査を受けていただけるよう心がけています。

また、救急医療だけではなく、予防医療として人間ドック・検診業務も積極的に関わっています。

放射線検査
  • 単純エックス線撮影
  • 骨密度測定
  • マンモグラフィ
  • CT
  • MRI
  • エックス線TV
生体検査
  • 心電図
  • ホルター心電図
  • 血圧脈波
  • 呼吸機能
  • 超音波(エコー)
検体検査
  • 免疫血清検査
  • 生化学検査
  • 血液検査
  • 微生物検査
  • 尿・糞便生化学検査
  • 遺伝子検査
  • 病理検査
  • 輸血検査
資格取得一覧
第1種放射線取扱主任者 1名
X線CT認定技師 2名
血管診療技師 1名
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 1名
超音波検査士 表在領域 1名
血管領域 1名
検診領域 1名
放射線機器管理士 1名
放射線管理士 1名
医療情報技師 1名
病院経営士 1名

2024年4月現在

放射線検査
単純エックス線撮影検査

胸部や腹部をはじめ、脊椎、四肢骨などに対してエックス線を利用して撮影する検査のことで、いわゆるレントゲン検査です。他の検査と比較して、簡便かつ迅速に画像を提供することができます。そのため、最も頻度の高い検査となります。当院には、一般撮影装置が3台、病棟などでエックス線撮影をするポータブル撮影装置が1台導入されています。

cl_img001.jpg

フィリップス社製
Digital Diagnost C90(High Performance room)

cl_img003.jpg

フィリップス社製
Digital Diagnost C90(Flex room)

マンモグラフィ撮影検査

乳房エックス線撮影専用の装置を使って左右の乳房を圧迫板で片方ずつ挟んで撮影します。しこりが触れないような小さな乳がんや、石灰化のある乳がんの早期発見に適しています。当院には2021年4月よりマンモグラフィ撮影装置「富士フィルム社製 AMULET Innovality」が導入されており、低被ばくで高画質な検査が可能です。また、撮影時の痛みを軽減する機能「なごむね」が搭載されており、女性にやさしい検査を心掛けています。

当院は札幌市乳がん検診実施医療機関で、2名の女性技師が検査を担当しています。

mlo_pumf.jpg

cl_img005.jpg

富士フィルム社製 AMULET Innovality

cl_img006.jpg

マンモグラフィ(MLO)

骨密度検査

骨密度検査は、骨を構成するカルシウムなどの骨量を計り、骨の強度を調べる検査です。骨密度が低下すると、骨折しやすくなります。骨密度検査は、粗鬆症や代謝性骨疾患の診断に役立ちます。骨密度の数値化により、骨量の減少を早期に発見し、骨粗鬆症の予防や適切な治療が可能になります。

cl_img008.jpg

HOLOGIC社製 Horizon Wi

当院の装置

骨密度を測定する方法はいくつかありますが、当院ではHOOGIC社製のHorizon Wiを導入しており、微量なX線を使ったDEXA法(デキサ法)を採用しています。DEXA法は非常に高い測定精度があり、他の方法と比べて優れています。

結果について

検査結果では、年齢別の平均値とともに測定値が表示され、骨密度の状態がわかりやすくなっています。また、過去の検査結果との比較も行われ、骨密度の変化を確認することができます。骨密度検査を通じて、ご自身の骨の健康状態を把握し、骨折などのリスクから身を守るために生活習慣や食事の改善が重要です。

cl_img009.jpg
エックス線TV検査

身体をエックス線で透視した画像を観察しながら行う検査です。バリウムを飲んで検査をする胃バリウム検査や、食道や大腸の消化管系の検査、骨や脊髄などの整形系の検査などがあります。また、内視鏡を使って胆管・膵管の検査や処置なども行なっています。

cl_img010.jpg

富士フィルム社製 VersiFlex VISTA

cl_img011.jpg

胃バリウム検査

cl_img012.jpg

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

CT検査

CT検査は、寝台を移動させながら身体にエックス線を当てて身体を輪切りの断面像として画像化する検査です。当院には64列128スライスの装置が導入されており、短時間で細かく広範囲な部位を検査することができます。また、AI(人工知能:Precise Image)の機能を搭載しており、低被ばくで高画質な画像を作ることが可能となっています。被ばく線量に関しては、認定資格を持つ放射線技師が、最小限のエックス線量で撮影できるよう努めています。
検査目的に応じて、3次元画像や多断面画像も各診療科に提供しています。

center_img003.jpg

フィリップス社製 Incisive CT

cl_img014.jpg

股関節3D画像

cl_img015.jpg

手関節3D画像

cl_img016.jpg

心臓3D-CTA画像

cl_img017.jpg

冠動脈MPR画像

MRI検査

MRI検査は、強力な磁場と微弱な電波(ラジオ波)を使って身体の断面像が得られる検査です。エックス線を使うCT検査とは違い放射線被ばくがありません。
当院のMRI装置はIn-bore solution(インボア ソリューション)が導入されており、開口径(トンネルの広さ)も広いため狭いところが苦手な方も閉塞感が少なく、安心して検査が受けられます。一方で、体内に金属が留置されている方は、検査が受けられない場合がありますので、担当医師または技師にお尋ねください。

center_img008.jpg

フィリップス社製 Ingenia 1.5テスラ Evolution

cl_img019.jpg頭部T2強調画像

cl_img020.jpg非造影下肢血管画像

cl_img021.jpg肩T2*強調画像

cl_img022.jpgMRCP(胆管膵管画像)

「In-bore solution(インボア ソリューション)」

当院のMRI装置には、患者様がリラックスして検査を受けられるように「In-bore solution」が導入されています。ミラーを介して壁に配置したモニターの映像とヘッドホンからの音楽を聴きながら検査を受けられます。MRI検査特有の閉塞感や拘束時間に対するストレスを軽減し、ストレスの少ない環境で検査することができます。

※検査部位によっては、映像が見られない場合があります。

MRI.jpg
生体検査
心電図検査
心電図検査は、心臓の動きを電気的な波形として記録することで、不整脈や虚血性心疾患などの心機能を調べるための検査です。この検査は、10箇所の電極を体に装着し、心臓から発生する電気信号を様々な角度から測定する方法です。これにより、心臓の電気的活動を詳細に観察することができ、心臓のリズムや異常を検出することが可能です。 cl_img028.jpg
24時間ホルター心電図検査

24時間ホルター心電図とは、小型の心拍を記録する装置を24時間身につけて、日常生活中の心電図を長時間記録して解析する検査です。

通常の横になって測定する心電図検査は数十秒と短時間ですが、不整脈は出たり出なかったりするため、実生活の中で長時間の心電図を記録し続けるこの検査が欠かせません。

24時間ホルター心電図検査では長時間心電図を記録することにより、一過性の異常や、日常生活で行う動作中に起きる心拍の異常を検出することができます。

血圧脈波(CAVI/ABI)検査
両手、両足の血圧を測定し、脈波を記録することにより、血管の硬さや狭窄、閉塞の程度を調べる検査です。CAVIは動脈壁の硬さを、ABIは動脈硬化による血管内の狭窄・閉塞を診断する指標です。動脈硬化の診断や、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の管理などに役立ちます。 cl_img029.jpg
肺機能検査
肺機能検査は、息を吸ったり吐いたりすることで、肺の容量、肺の固さ、気管支が狭くないかなどを中心に検査します。健康診断や喘息のスクリーニング、手術前の評価など、さまざまな場面で行われます。 cl_img030.jpg
超音波(エコー)検査

超音波検査は、人の耳には聞こえない高い周波数の音波(超音波)を使って、体の中を調べる検査です。検査をする部位にゼリーを塗り、超音波の機械(プローブ)を軽く当てます。時には、息を吸ったり止めたり、体の向きを変えたりすることもあります。この検査は、CT検査のような放射線を使わないため、体への負担が少ないのが特徴です。

cl_img031.jpg
検体検査

検体検査は患者さんから採取された血液、尿、喀痰、組織などで検査を行い病気の有無、場所、程度など身体の状態を調べる検査です。病状の把握、治療の経過や診断に役立つ情報を提供しています。

保有機器一覧

メーカー 機種名 導入年月
一般撮影装置 フィリップス Digital Diagnost C90 High Performance room 2022年5月
Digital Diagnost C90 Flex room 2022年5月
Digital Diagnost C90 Chest room 2022年5月
乳房撮影装置 富士フィルムメディカル AMULET Innovality 2021年3月
骨密度測定装置 ホロジック社 Horison Wi型 2022年5月
移動型X線撮影装置 富士フィルムメディカル Sirius Starmobile tiara 2022年5月
CT装置 フィリップス Incisive CT 2022年5月
MRI装置 フィリップス Ingenia 1.5T Evolution(R5.7) 2022年5月
X線透視撮影装置 富士フィルムメディカル VersiFlex VISTA17 2022年5月
術中透視撮影装置 フィリップス Zenition 2023年4月
画像処理ワークステーション 富士フィルムメディカル SYNAPSE VINCENT(V6.7.0007) 2022年5月
超音波診断装置 富士フィルムメディカル ARTETTA 750 2022年5月
ARIETTA 65 2022年5月
キヤノンメディカル Aplio a550 2022年5月
Aplio i800 2023年4月
心電計 フクダ電子 FCP-9800 2022年5月
血圧脈波検査装置 フクダ電子 VSM-2500A 2022年5月
呼吸機能測定装置 フクダ電子 FUDAC-7C 2022年5月